ぶどうの木は、ひとが育つ・ひとを育てる・ひとと育ちあう。
そんな生き方を応援します!

ぶどうの実久地園は平成13年10月に地域保育園『チャイルドケアサポートぶどうの実』として開設されました。
平成25年10月に川崎市より指定を受け『川崎認定保育園ぶどうの実久地園』として改組、平成29年4月に川崎市より認可を受け『川崎市認可保育園ぶどうの実久地園』として改組しております。

川崎市認可保育園ぶどうの実久地園
園長 堀 晴久
子どもの成長の根っこを育くみたいのです。
愛されていると感じたとき、こころが安定し、自信が生まれます。
そのとき子どもは、自分を表現し、自分と仲間をたいせつにし、
こころが響きあい、ひととつながり、支えあえるひとりの人間になれるのでは……
そのためにわたしたちは、
愛情をそそぎ、手間をおしまず、手をぬかず、
一人ひとりがかけがいのない存在として、
肯定的に、対等に、尊重され、温かい雰囲気と、
ほっとできる安心感にあふれた、
ぶどうの実は育ちあいの場をつくることをめざします。

クラス紹介

ももぐみ

もも組は満5ヶ月からの0歳児クラスです。家庭のような温かい雰囲気の中で、安心して過ごし、一人ひとりの成長にあった遊びの環境作りをしています。

いちごぐみ・りんごぐみ

いちご組は1歳児、りんご組は2歳児のクラスです。お天気の良い日はお散歩に出掛け、公園で遊んだり、季節の変化を感じたり…夏は水遊びもします♪ 雨の日はお部屋で小麦粉粘土や寒天で感触遊びをしたり、マットやすべり台で遊んだりもします。子ども達の発見やときめきを見逃さずに、一人ひとりの『イヤッ』をしっかりと受け止め、共におもしろがる保育を目指しています。 

みかんぐみ

みかんくみは3歳児、4歳児、5歳児クラス。毎月、『お弁当デー』と称して、お弁当を持って遠足に出掛けています。
行先は様々で、公園やプール、動物園、キッザニアなど、子ども達は毎月のお弁当デーをいつも楽しみにしています。 

各年齢に合った保育内容、活動も大切にしながら、異年齢(縦割り)保育を導入しています。

縦割り保育では、日々の生活から、遠足、夏祭りなど楽しい行事もあります。

子ども達は異年齢のお友達へ関心を持ち、お互いに協力したり、助け合ったりしながら、仲間と過ごす楽しさを味わい、仲間と共に育ち合っています。

所在地

〒213-0032
川崎市高津区久地4-24-5 新川屋センタービル4F
TEL 044-829-6550(代表) 
FAX 044-829-6554