ぶどうの保育

ぶどうのアタリマエ

ごちゃどば みんなちがってみんないい
成長の土台を育むいま・ここ
選択と決定

セカンドステップ

まちをつくっちゃおう!プロジェクト

ぶどうの実6園の年長児と学童の子どもたちが、「ぼくのまちをつくろう」という絵本を素材に「まちって?」「仕事って?」ということを、考えたり学び合ったりすることからスタートして、実際に一日子どもたちが仮想のまちをつくるというプロジェクト保育です。
子どもたちは自分たちが住んでいる町を参考にしてみたり、お父さんお母さんを始めとする身近な大人はどんなお仕事をしているのか、どんな仕事や役割で町が成り立っているのか、どんな町だったら来た人みんな(赤ちゃんからお年寄りまで)が“楽しかった” “また来たいなぁ” “誰かに紹介したいなぁ”と思えるのか、など様々なことを話し合いながら、仲間とつながり力を合わせて取り組んでいきます。
学童の4~6年生は町の運営のために役場のしくみについて、年長児から小3までの子どもたちは町の住民として一人ひとりがしたい仕事や役に立つことを具体的に実現するために話し合います。
まちづくりの取り組みを通して、子どもたちが仲間と言葉で伝えあったり協力したりして進めていくなかで、身近な“社会のしくみ”に学ぶ機会にすること。また、わからないこと知らなかったことも学びながら、自分がしたいことを「働く」経験を通して、様々な能力を育ていきます。
2018年から始めたこのプロジェクト保育は、毎年少しずつアップデートを重ね、まちを成熟させてきました。
コロナ禍では、例年通りの開催が難しく、完全オンラインでのまち作りや、分散開催など試行錯誤を繰り返してきました。
今では、年長児もZOOMを使いこなし、オンラインでも交流を深めています。

エデュカーレ掲載1

エデュカーレ掲載2

エデュカーレ掲載3

© 2021 BUDOUNOKI, inc.