ぶどうの仲間募集

こんな仲間をまってます!

「保育の仕事が面白くて仕方ない!」という
働き方をしてみませんか?
働くことを楽しみましょう!

いい職場って? ちょっと立ち止まって考えてみてください。

いい職場って?
ちょっと立ち止まって考えてみてください。

保育士をめざすあなたは「いい職場」ってどんな風に考えていますか? 職場を選ぶ優先順位として、まず公立、次は社会福祉法人、その次は大手の株式会社という話をよく聞きます。それは安定しているからですか?給与がいいからですか?福利厚生がいいからですか? ぶどうの木は、小規模な保育園を地域にこだわりながら川崎市に限定して展開している小規模な法人です。ですから、本当に残念なことに、あなたが先ほどの優先順位で働きたい職場を考えていくと、ぶどうの木はブービー賞くらいの選択になってしまいます。
私は、安定しているから、給与がいいから、福利厚生がいいからだけでなく、こうした外側からの価値観や与えられた評価だけで、自分がめざしたい保育という仕事の選択や決断しないでほしいなあと願っています。 あなた自身の物差しや基準で、本当に自分がめざしたい保育という仕事って、いい職場って何だろうと考えてみてほしいのです。

ぶどうってどんな職場?

ぶどうってどんな職場?

ぶどうの木は、人間関係が温かい、優しい、熱いといわれます。でも本当に大事なことは、人間関係がいいということはベースであって、保育のこと、子どものことをたくさんみんなで話し合える関係があることだと思います。 あなたが、育ちあえる仲間とのつながりの中で、じっくりとコツコツ保育という仕事に向き合っていくことで、奥深いおもしろさ、やりがいが見えてくると思います。そして、自分の成長を自分自身で、じわっと実感できるときに、生きることの意味やシアワセなあり方が見えてくると思います。 ひとために役に立っている、自分が成長できているという実感を持てる職場で、あなたも子どもの育ちに寄り添いながら、一歩一歩じっくりと、ぶどうの仲間と共に、育っていきませんか!

こんな人と働きたい!

こんな人と働きたい!

ぶどうの木では、3つのポイントを大切に考えています。
1、ぶどうスタイルの保育理念や考え方、取り組みに共感してもらえること
2、たくさん話をすることを楽しめること
3、前向きに、仲間の子育てを理解して応援したいと思えること
それは、ぶどうの理念や目標を縦軸にしながら、
・自分の軸を持ち
・メンバーからの様々な考えを受けとめ
・課題や問題があればまんなかにおいて議論や対話をし
・みんなで合意しながら
保育を創っているからです。
結婚して出産して、復帰してくる仲間が100%です。長く働いて定着してくれることで、保育の積み上げを可能にして質を高めることになっています。
わたしたちの勝手な注文なので、こんな人になりたい、という努力目標でOKです。
わたしたちにとって、ご応募頂いた方との出会いは、いつもわくわくして新鮮な楽しみです。

© 2021 BUDOUNOKI, inc.