ぶどうの保育

ぶどうのアタリマエ

ごちゃどば みんなちがってみんないい
成長の土台を育むいま・ここ
選択と決定

みんな違ってみんないい

「みんな違ってみんないい」

ぶどうの保育目標は「一人ひとりを大切にする子ども主体の保育」です。年齢に関係なく好きなこと得意なこと興味や関心はみんな違います。一人ひとりみんな違うから、年齢を区切って保育しません。誰かと比べたり、決めつけたりせずに、一人ひとりのありのままを大切にします。だから、子どもたちは「みんな違ってみんな好き」という感情を持ちます。違いがあるから、時にはぶつかるときもあります。でもそれを乗り越えてお互いが分かり合える時、楽しいことがドバドバ出てくる。それをぶどうでは「ごちゃドバ」って言います。

自分で選んで自分で決める

「自分で選んで自分で決める」これからもずっと大切なこと。

集団生活の中で「みんな一緒」があたりまえになってしまうことに気をつけなければならないと思っています。
「~がしたい」という気持ちをその時その時大切にすることは、子どもの自尊感情を育みます。遊びたい人や遊びたいことを自分で選んだり、自分で決めたりすることを大切にします。
人生は様々な選択の連続です。子どもの自分づくりを支えるために、自分で考えて自分で選んで自分で決めることを大切にしていくこと・・・。それがぶどうのあたりまえ。

自己主張はスバラシイ!

「ジブンデ!」「イヤ!」「~したい!」という自己主張はスバラシイ!

子どもは、さまざまな想いや自己主張を受け止められることで、自我を充実させ自分づくりをします。自分が受け止められることで相手の想いを心に刻み、人を信頼できるようになります。
保育者のきめ細かな観察と温かい包容力のある柔軟なかかわりの保育を通して、成長の根っこを育みます。

どんな気持ちも〇!

どんな気持ちも〇!

様々な問題やトラブルの背景には、人間関係の調整と感情の取り扱いが必要になります。自分の気持ちと相手の気持ちを理解し、肯定的に受け止め、柔軟に問題解決をする力を育むために、気持ちについて対話する時間をたくさん作ります。

自己主張はスバラシイ!

Withコロナの時代に

Withコロナ時代において、保育園では新しい生活様式に配慮した感染防止に取り組むことが求められています。保育園は子どもたちが健やかに育ち、必要な学びや経験を通してひととしての土台を育む場です。
ひととひと、身体と身体のふれあい、笑顔などの表情を分かち合う温かい応答や言葉を介した対話や話し合いを前提にして養護や教育が成立する場でもあります。3密を避け、ソーシャルディスタンスを意識しすぎることで、本来のあるべき保育の営みとして必要なものが損なわれてしまわないかと危惧もしています。
ですから、徹底した感染防止と保育の質の維持向上との両立をどう図っていくのか、対策には試行錯誤しながらも工夫と配慮に取り組んでいきたいと思っています。
3密やソーシャルディスタンスを完全に排除できない保育の営みを前提にしたときに、まず保育園にコロナウイルスを持ち込まないことを徹底したいと思います。そのためには、保護者の皆様の感染防止に対する高い危機意識と具体的な対策を今まで通り継続していただくことが不可欠です。そして、保護者の皆様や園で働くスタッフである私たち大人が社会活動下で移動や集密な場での感染防止に徹底して努めることが大前提だと思います。まずは、こうした取り組みにより水際での防止を徹底維持していきたいと思います。まず、大人が自分を守る、家族を守るという防止対策の継続徹底が保育園での感染を限りなく小さくすると考えます。
ぶどうの木は、保育園内での新しい生活様式として感染防止のために必要な配慮や処置を継続していきます。同時に、保育の質を保つために柔軟な対応の中で緩和し、工夫していけるものを組み合わせていくことで、より良い保育活動を継続していきたいと考えています。

© 2021 BUDOUNOKI, inc.