ぶどうの木は、ひとが育つ・ひとを育てる・ひとと育ちあう、――― そんな生き方を応援します

pageimg

マオポポ

マオポポ

image Maopopo(マオポポ)とは、ハワイのことばで「ありのまま」
という意味があります。


マオポポイメージ他にも「気づき」「理解する」などさまざまな想いがこもったことばです。
発達に気になる子どもを正しい理解のもとでありのままに受け止めることが、支援の大前提になると考え、その想いをマオポポというネーミングに込めました。発達支援相談室マオポポは、乳幼児を対象にした発達に気になる子どもと家族の支援相談室です。
マオポポは発達に気になる乳幼児の発達相談や親や家族への支援、地域に根ざした支援のネットワーク作りを目的に高津区との恊働事業として活動しています。私たちは高津区という地域社会に根ざして、発達に気になる乳幼児と家族の身近なサポーターとして支援をしたり相談にのったり、時には家
族と共に学び合うことを大切にしています。
さらに気になる子どもたちが、地域社会の中で、正しい理解のもとで、ありのままにその子がその子らしく生きることができる共生した社会を目指して、支援のネットワークを広めています。

※平成20年4月から3年間、高津区との協働事業として地域発達支援相談室「Maopopoマオポポ」を
開設していました。

私たちの想い

image 子育て支援事業を通して、たくさんの親子とふれあってきた中で、「育てにくさ」を強く訴え、ご自身を責め、苦しんでいる方々にたくさん出会ってきました。その多くが、発達の気になるお子さんを抱えるお母さんたちでした。決してお母さんのしつけや家庭環境が原因といったものではないのですが、だからといって、専門機関につながるという発想はなかなかできない場合が非常に多いです。子どもがまだ小さいうちに、自分の子どもが特別な行動特徴をもつ子だと受容することはとても大変なことです。しかしながら、私たちのもとを訪れ、共にその子の将来を考え、勇気をだして専門機関につながり診断を受けることで、「育てにくさ」が軽減し、以前より前向きに子育てができるようになっている方が大勢います。 何らかの特別な支援を必要とするお子さんと向き合うたびに「優しく受け止めるだけではたりない」「親や家族のつらさを受容するだけでは本当の意味での支援ではない」と強く感じるようになり、この地域発達支援相談室「Maopopo」立ち上げの構想が生まれました。 そんな折、高津区が区民また区内の企業と恊働で事業を行うというお話を聞き、早速エントリーいたしました。 特別な行動特徴を持つお子さんのサポートをするには、まず「正しい理解」が必要です。そして、その子が地域に根ざしてまっすぐにありのままに育っていくためには地域全体の理解が必要だということになります。 まだまだスタートラインにたったばかりでですが、これから高津区と連携し、特別な行動特徴のある子どもたちがありのままに受け止められ、幸せに暮らしていける社会作りを目指します。 大変大きな目標ではありますが、「この子たち」が幸せに暮らしていける社会は、すべての人が幸せに暮らしていける社会であると、私たちは信じています。