ぶどうの木は、ひとが育つ・ひとを育てる・ひとと育ちあう、――― そんな生き方を応援します

pageimg

一日の流れ

ぶどうの実での生活をご紹介します♪♪

image 毎日の生活をイキイキワクワクしながら、日々新しい発見や出会いを通してお子様に自分育ちを支援するように、一日の生活の流れを組み立てることに配慮します。
そして、自らの探究心や好奇心、想像力に基づいて、自主的に遊びや生活を展開することができるように環境を整えています。また、あたたかいまなざし、やさしい語りかけ、ぬくもりのあるふれあいを通して、スタッフとお子さんの個別のかかわりあいを大切にします。
安全について最大限の配慮をしながらも、小さなけがは大きなけがを防ぐために危険に対処する能力を身につける体験として必要なことでもあると考えています。
見守りとサポートを大切に困難へのチャレンジ、子ども同士のもまれ合いを通して、たくましさも育みたいと思います。そしてなによりも、お子さまが安心して楽しく、自由に自分を表現でき、自分と仲間を大切にできる、そんな手作りのぬくもりにあふれた雰囲気を大切にしたいと願っています。  

みのり組の一日の流れ

7:00
開園
自由に楽しい遊びで1日のウォーミングアップ
9:30 朝のサークルタイム 出欠の確認。今日は何をして遊ぼうか?
10:30 設定保育(晴れている日は戸外での活動を優先します)
制作や運動、時にはクッキングなども行います。
12:00 昼食タイム たくさん遊ぶとお腹がペコペコです。
13:15 午睡
起きてから何をして遊ぼうか、作戦を立てながらお休みなさい。
15:15 おやつ 毎日のお楽しみです。
16:00 自由遊び
ままごと、お絵かき、ブロックなどのコーナー遊びを充実させています。
自由に遊びながらお迎えが来るのを待っています。
18:00 おやつ
延長保育のお友達は軽くおやつを食べて、ホッと一息の時間です。
20:00 閉園
また明日元気に遊ぼうね!


 

給食・おやつについて

image 子どもたちは毎日、栄養士・調理士が作った愛情たっぷりの手作り給食を楽しみにしています。
今日のメニューはなんだろう。何が入っているだろう。
日常的に野菜の皮むきなどのお手伝いを行いながら、子ども達自身が食へと関わりをもっています。
image パンは近くの『金の麦』さんから届けてもらっています。
以前は呑み込むようにペロッと食べてしまっていた食パンも、しっかりとした噛みごたえのあるものに変わりました。
週に一度金の麦さんには園舎前にてパンを販売してもらい、保護者の方々のみならず、地域の方々にも喜ばれています。